野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社

お知らせ

お知らせ

  • 野口大弁護士が、日本監査役協会開催のセミナー「各種ハラスメント問題にかかる企業の対応策と監査役等の留意点」で講師を勤めました。

  • 野口大弁護士が、大阪弁護士会にて、労働専門法律相談「労働時間基礎1」(弁護士対象)の講師を勤めました。

  • 大浦綾子弁護士が、滋賀県社会保険労務士会湖北支部研修会にて、「パワハラ新法、セクハラ・パワハラ対策」の講師を勤めました。
    ご参加者からは、「資料がとても役に立ちます」、「ジェンダーバイアスの点で新たな気づきがあり勉強になりました」、「大変分かりやすかったです」等の感想をいただきました。


  • 野口大弁護士が、第27回日本産業ストレス学会にて、メインシンポジウムのディベート モギ裁判「親の愛情に恵まれなかった女性企業内弁護士の退職措置と法~パーソナリティ障害の疑いのある社員の休職、復職判断と主治医、産業医の見解相違」の使用者側弁護士を勤めました。
    第27回日本産業ストレス学会は、1,200名を超える方々がご参加され、盛会裏に終了いたしました。

  • 野口大弁護士が、兵庫県社会保険労務士会明石支部にて、企業のハラスメント対策に関する研修会の講師を勤めました。
    「大変有意義なご講演を頂戴し、誠にありがとうございます。」等、大変好評をいただきました。


  • 大浦綾子弁護士が、大阪府社会保険労務士会にて、ハラスメント(法改正対応を含む)に関する研修会の講師を勤めました。その際に寄せられた感想をご紹介します。
    「すべての内容が分かりやすく、ためになる内容で、あっという間に時間がすぎました。」
    「多くの会員から満足度の高い感想を頂き、『大浦先生のファンになりました』と仰る方もおられ、200人を超える聴衆の真剣度が伺え、運営側も大変充実した一日となりました。」

  • 大浦綾子弁護士が、近日実施した企業内コンプライアンス研修やハラスメント研修について、寄せられた感想をご紹介します。
    「当社の実態に話してお話いただき、とても分かりやすくて勉強になりました。」
    「大変説得力のある分かりやすいご講演をしていただき ありがとうございました。」
    「ハラスメント防止について、何をしたらダメかだけでなく、では、どうしていったらいいのか、について具体的行動指針を示していただき、大変参考になりました。」
    「ハラスメント防止の心得として、伝えていただいた『相手のことを思う』という趣旨の言葉がとても印象的で、多くのことを考えさせられました。」

  • 大浦綾子弁護士が、大阪弁護士会にて「パワハラ・セクハラ・マタハラ」の内容で講師を勤めました。
    職場でのハラスメント防止に向けた啓発のあり方について、実務家向けの解説をしました。「豊富な経験に基づく実務的な内容で勉強になりました。」、「精緻でわかりやすい講義をありがとうございました。」等、大変好評をいただきました。

  • 野口大弁護士が、長野県社会保険労務士会にて、最新の判例動向、働き方改革関連法などを踏まえた労務トラブルの実務対応に関する研修会の講師を勤めました。
    「具体的で、実務に役立つ内容だった」「歯切れがよく、分かりやすい講義だった」等、大変好評をいただきました。


  • 第一法規株式会社より野口大弁護士共著の「続 解雇・退職の判例と実務」が発売されました。


  • 大浦綾子弁護士が、朝日放送テレビ「おはよう朝日土曜日です」に生出演しました。
    パワハラ新法の成立を受け、パワハラとは何か、パワハラをしない・させないための心がけとはどのようなものかについてコメントしました。


  • 大浦綾子弁護士が、朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」の特集コーナー「ハラスメント規制法」にて、日ごろ企業のパワハラ対策をサポートしている立場での視点から、パワハラとは何か、パワハラをしない・させないための心がけはどのようなものか、をお話しました。
    「パワハラ問題の芯は何かがよく分かった」等の感想をいただきました。


  • 弊所主催にて、第5回労働判例研究会を開催しました。
    定額残業について、同一労働同一賃金について(定年後再雇用者について)をテーマに、最新の裁判例を検討しました。
    毎回、最新の情報に即した実務的内容に好評をいただき、多くの方にリピートいただいています。

Page Top
法律事務所のWebサイトはこちら